カルテの電子化は、大きく分けると病院向けに開発されたものと診療所やクリニック向けのものがあります。現在ではカルテの電子化を導入する医療機関増えていますが、導入しているほとんどの医療機関が新規開業の医療機関です。カルテが電子化されたことによるメリットしては、全体的にすべての作業がスムーズに行うことができるので、患者の待つ時間を短縮することができることが最大のメリットといえますが、そのようなメリットがあると同時にデメリットもあります。このようなデメリットがカルテの電子化への普及を遅らせている原因にもなっています。この記事ではカルテの電子化を検討するにあたって考慮したいメリット、デメリットについてご紹介していきます。カルテの電子化を検討している方は是非参考にしてみてください。

カルテの電子化を行うメリット、デメリット

まずはメリットから紹介していきます。紙のカルテが受付まで回ってくる時間を短縮することができるため、会計の際の待ち時間が短くなり、医師や受付の操作を簡単にする工夫などにより、処方や注射などのオーダーが簡単になっているので、紙のカルテの時より時間をかなり減らすことができます。さらに外部の検査会社からの検査の結果を取り込めるため、必要なタイミングで簡単に検査結果を確認することができます。オンラインによる検査結果のアップロードを行っている検査会社もあり、検査結果を取り込むことが不要なこともあります。その他にも今までカルテを保管していたスペースが、カルテの電子化によって必要なくなり、有効活用することができることや、医師が急いで書いた字を読み間違えるなどのミスもなくなるので、時間のロスやミスを未然に防ぐことができます。

カルテの電子化を行うデメリットについて

カルテを電子化すると一つのパソコンの画面で行えることが多くなります。それに伴って様々な機能があり、そのようなパソコンの操作に慣れて使いこなせるようになるまで時間がかかることがあります。さらに、会計システムとカルテのシステムが別である場合は、受付では画面操作を二つに分けて覚えることが必要になるので、業務内容が増える可能性もあります。新しいカルテのシステムの導入や、スタッフに新人が増えたときなどに操作に慣れるまでは時間や様々なコストがかかってしまうこともあります。また、今までは紙のカルテで共通して認識していた院内のルールなども一新することが必要になります。さらに電子でのカルテ運用で最も気をつけておかなければならないのが、停電した際は使用不可能になってしまうということです。