最近の医療機関では、カルテの電子化がトレンドとなっています。カルテの電子化とは、診療情報や患者の個人情報をコンピューターに入れて保管するシステムのことです。電子化されたカルテの中には、診療記録はもちろん、書状管理や看護業務の内容なども入れることができ、多くの情報をまとめて閲覧、管理できるという特徴があります。カルテを電子化することは、保管場所を減らすことにもつながります。小さなクリニックなどでは保管場所を確保するのも、長いうちには難しくなってくるでしょう。診療科目が多い医療機関ほどカルテは増えるので、電子化すれば今までの保管場所を空けることができます。スペースが空けば新しい医療機器を導入したり院内を整理したりできるので、それほど広さのない医療機関ほどおすすめです。

カルテを電子化するメリットとは

カルテを電子化すると、メリットがたくさんあります。まずは業務の効率化です。カルテに手書きをしなくて済んだり処方や注射のオーダーが簡単にできたりします。予約や受付、会計も業務の負担が減り、回転率の向上や患者の待ち時間を短くできます。検査結果の取り込みもできようになります。専門の会社へ依頼した検査結果をカルテの中に取り込めるため、あとから画面で確認することが可能です。会社によっては結果をオンラインでアップロードしてくれるので、取り込み自体が不要という場合もあります。各部門がリアルタイムで確認できるという点もメリットです。カルテは医師だけが見るわけではありません。薬剤部門や栄養管理者、感染症管理者なども見るため、リアルアイムで共通の情報を見ることで、リスクを減らした治療ができます。

カルテの電子化、デメリットもある

カルテの電子化は、先述のようにメリットがたくさんあります。一見、デメリットはないように見えますが、実は少なからず存在します。まずは不正アクセスです。医療情報や患者の個人情報が入っているため、そもそも不正アクセスの対象として狙われやすいという特性を持っています。インターネットにつながった状態で使用していると外部からアクセスされる可能性が高くなります。できれば切り離したシステムにする方が安全でしょう。医師の中にはパソコンが苦手という人もいます。そういった場合、操作に抵抗があるため電子化されたカルテを上手く使いこなせないことが少なくありません。入力に必死になってしまい、患者の話を聞き漏らしたり、診察に時間がかかったりするケースもあります。業務効率化のために導入したはずが、元も子もない状態になってしまうこともあるでしょう。院内で操作指導をしたり、各自で訓練するよう促す必要があります。