最近の新しい病院やクリニックでは、電子カルテを導入するところが増えているそうです。電子カルテにはメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。この記事ではカルテを電子化するメリットとデメリットなどについて紹介していきます。まずはメリットです。電子カルテの良いところはデータのアクセスや編集、削除などの管理が紙のカルテよりもやりやすいところです。また、紙のカルテは患者さんが増えることに伴い保管場所が必要になってきますが、電子カルテならばサーバーを設置する場所のみ確保することができれば後から増設する必要はありません。またクラウド型の電子カルテを導入することで、病院以外の場所でもカルテの編集作業が行なえるというメリットもあります。このように電子カルテを導入することで、管理や共有がしやすくなるというメリットを得ることが可能です。

カルテを電子化するデメリットについて

カルテを電子化することで生じるデメリットは、まず操作に慣れるまでに時間がかかるというところにあります。電子カルテにはたくさんの機能があり、使いこなすことができれば便利ですが、それまでの道のりに個人差はありますが時間が必要です。また、停電や災害が起きた時などサーバーがダウンしてしまった時に、復旧するまで使用ができなくなってしまうこともあります。対策としては、非常時の際は紙のカルテにするなどの工夫が必要です。もう一つ考えられるデメリットは、電子カルテのサービスを提供している会社がサービスを停止してしまう可能性があることです。こればかりは対策のしようがありませんので、データのバックアップをどこかに保管しておくなどの処置が必要でしょう。利便性だけにとらわれず、デメリットについてもよく検討した上での電子カルテの導入が大切です。

電子カルテを取り扱っているメーカーの探し方

電子カルテは現在有名なメーカーのものも含め、たくさんの種類のサービスが存在します。医療情報を取り扱っているサイトから、それぞれの特徴を比較することも可能です。なかには無料で利用できるサービスもありますが、どれを選んだらよいのかわからなくなるでしょう。電子カルテのサービスは、病院の種類や特徴によっても使いやすさが変わってきます。例えば個人医院や小さなクリニックに向いているものから、大病院に向いているものまであります。また、産婦人科や眼科などによっても向いている電子カルテが存在しています。そのため電子カルテを導入するときは、病院の特性にあわせて選ぶと良いでしょう。より詳しい情報を知るためにもメーカーの公式サイトや、実際に電子カルテを利用していると病院の意見を参考にしてみてください。