今まで病院などの医療機関では紙媒体のカルテを使用していました。患者さんごとの診断状況などが記されているカルテですが、最近では紙媒体ではなく電子化されているのです。なぜ電子化されているのかというと保管がしやすかったり、トラブルを防ぐことが紙媒体よりもはるかに優れているからです。患者さんごとにまとめたカルテは紙の場合、病院内の一室に保管場所を作らないといけません。しかし、電子化すればクラウド上で保管することができるので、今まで紙のカルテを保管していた一室は別の役割を持たせて使用することができるようになるのです。また、クラウド上で保管する場合は、患者さんの名前などで検索すればすぐにカルテを取り出すことができるので、医師がカルテを探す手間というのも省くことができます。

保管だけではない電子化のメリット

他にも電子化することのメリットというのはあり、誰が見ても読みやすいというのは大きな特徴でしょう。今までのカルテの場合は医師が書き殴ったような文字で書かれていることもあり、患者さんの担当医師でしかカルテを判読することができないという状態がありました。そのような場合、患者さんの容態が急変して担当医師がすぐに駆け付けられない場所にいると、患者さんへの処置が大幅に遅れてしまうのです。しかし、電子化されたカルテというのは、医師が書いた文字ではなくパソコンなどでタイピングされたものなので、誰でも読みやすいということがメリットに挙げられます。そのため、担当医師が不在の状態であっても、別の意思がカルテを見て応急処置を施すという対応もとりやすくなったことが大きく変わっています。

電子化したことでのデメリットもある

前述したように電子化した場合のメリットについては大きなものがありますが、もちろんデメリットも存在します。それがシステムに慣れるまでの期間が必要なことや、運用方法の手順変更などがあることです。これらは電子化になれることで解消されることではありますが、新しいシステムになれるための期間というのはどうしても仕事の効率化が低下してしまうのです。特に紙媒体のカルテと違って、端末を操作してカルテを出さないといけません。電子端末の操作になれていない方などもいるでしょうし、導入するまでに一定期間が必要ということもデメリットでしょう。また、災害が発生したときはカルテが取り出せなくなってしまう危険もあります。特に停電が起きて電子端末が使えないとカルテが見られません。そのような事態を想定した取り組みというのも必要になってくるのです。